「桃花林 豆板醤」が美味しい


私の大好きなキッコーマンの豆板醤が近所のスーパーに一向に入荷しないので、代わりに適当に購入したこの「桃花林 豆板醤」という商品が非常に良かったです。この世は地獄なので私は常に死にたいと思っていますが、たまにこういう素晴らしい商品に出会えると、もう少し生きてみようと前向きになれます。原材料は、唐辛子、食塩、そら豆のみで、非常にシンプルです。メーカーは、「ポールスタア」という企業で、私は初めて見る社名でした。これを使って作った今夜の麻婆豆腐、いや、茄子も入れたので麻婆豆腐茄子は、これまででいちばん美味しく出来ました。今日は初めて長茄子を使ってみたのですが、普通の茄子よりもシャキシャキしていて美味しかったです。火の通し方が足りなかっただけかもしれませんが、もう普通の茄子には、戻れない、戻らない。

このブログはお料理ブログなので、麻婆豆腐茄子のレシピをご紹介します。前にも紹介したことがある気がしますが、あれは確か「麻婆豆腐」のレシピだったはずです。今日のレシピは茄子も入った「麻婆豆腐茄子」なので、似て非なるものです。

材料
絹ごし豆腐 (木綿なんてありえない!) 1丁
長茄子 (長くない茄子なんてありえない!) 1本
桃花林 豆板醤 (他の豆板醤なんてありえない!) 適量
みそ 少々
しょうゆ 少々
酒 少々
ごま油 適量
昆布だし 適量
水 150cc
すりおろしにんにく 少々
すりおろししょうが 少々
水溶き片栗粉 適量

作り方
1. 茄子の皮をむき、食べやすい大きさに切って水に浸ける。(皮をむくのは、私がそうしたいから。水に浸けるのは、そうしたほうが手間をかけてる感じが出て良いから。)
2. フライパンにごま油をひいて、茄子を炒める。
3. 水、みそ、しょうゆ、酒、昆布だし、にんにく、しょうがを投入する。しばらくグツグツ煮込む。
4. 茄子に火が通ったら、食べやすい大きさに切った豆腐を投入する。
5. 水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつけ、香り付けにごま油を垂らして完成。

自分が過去に書いた覚え書きを眺めていたら、「カミュは自らのことをふくろうだと思い込んでいたナイチンゲールだった」という文章がありました。どこから持ってきたのでしょうか。意味はまったく分かりませんが詩的で美しい一文です。私も、理解してもらえなくて良いから、せめて美しくありたいです。カミュとサルトルが仲違いしたのは、ハンサムなカミュにサルトルが嫉妬したから、と一部の研究者が主張していることを思い出しました。どこかで読んだ「サルトルは女性を紙屑のように捨てた」という文章が、なぜだか私は気に入っていて、日常生活でたびたび引用しています。

Advertisements

同人誌

うちの近くには、犬も入店できるカフェがあります。先日、飼い主と散歩中のパグが2頭、そのカフェの前で立ち止まり、カフェに入りたいと駄々をこねて、飼い主の男性を困らせていました。サ店に行きたがるなんて、この街のワンちゃんたちは、おしゃれすぎやしませんか。

昨日、生まれて初めて同人誌を作って、男の人に見せたのですが、意味が分からないということを、やんわりと告げられました。男の人が仕事をしているあいだに、Zさんとバーに行った思い出を漫画にしたのですが、あの大人の雰囲気を伝えることが出来なかったようで非常に残念です。以下が問題のその作品です。登場人物は、Zさん (うさぎ)、私 (かに)、バーの女性店主 (きれいなお花)、バーにいたお客さん (とら) です。お店は2時までだと店主が言っているのに、Zさんは2時半すぎまでお店に居座りました。早く帰れよ、と私は思いました。店主も同じことを考えていたに違いありません。

64105434_p0_master1200

私は、印刷してホッチキスで止めて (本にして)、Zさんに献本するつもりでいたのに、同人誌に対する理解のない男の人に制止されてしまいました。私がおかしな人だと思われてしまうのを懸念しているようです。インターネット上にアップロードするだけで我慢しなさい、と言われたので、献本できない悔しさを噛み締めながら2ページめも公開します。

64105434_p1_master1200

私の考えでは、本を作って、その本を誰か (コミケで配置が隣になったサークルの人が望ましい) に献本して、やっと初めて一人前の同人作家になれるので、私はまだ胸を張って同人作家を自称することができません。同人作家の皆さんのツイッターを毎日チェックすることを趣味としているくらいに、同人作家に対する私の憧れは強いので、これからも同人誌即売会のスターを目指して邁進していきます。

さて、今日の晩ごはんは、具がキャベツだけのキャベツのスープでした。キャベツは、切るのがめんどくさいので使用するのを避けている野菜のうちの1つですが、久しぶりに食べるとやはり美味しかったです。このブログはお料理ブログなので、レシピをご紹介いたします。もちろんヴィーガン対応です。ひょっとしたら、以前にも書いているかもしれませんが、過去はなかったことにしましょう。

材料
キャベツ 1玉
トマト缶 1缶
野菜ブイヨン
こしょう
しお
オリーブオイル

作り方
1. キャベツを食べやすい大きさに切ります。
2. 鍋に、水 (適量) とトマト缶、野菜ブイヨン、しお、こしょうを入れます。
3. 沸騰したら、キャベツを投入し、くたくたになるまで煮込みます。
4. 最後にオリーブオイルを垂らして、出来上がりです。

ツバメかわいい

先日、渋谷109でフリーザーを見つけました。そして逃げられました。フリーザーと一緒に記念撮影をしようと思ったのに、なぜか撮影できませんでした。ポケモンGOの話題は以上です。

今日は、男の人の使いっ走りで、郵便局に行きました。うちの近くの郵便局では、ツバメが巣を作っていて、近隣住民のアイドルとなっています。ヒナが4羽もいて賑やかで良いです。使いっ走りの内容は、「現金書留を送ること」だったのですが、これは本当に大変でした。封筒を買って、記入して、糊付けして、印鑑を押して、切手を買って、貼って、と煩雑な作業をこなさなければなりません。もし印鑑を忘れていたら、家に取りに帰らなければならなかったんですよ。恐ろしい限りです。皆さんも、現金書留を送る際には、必ず印鑑を持参するようにしましょう。この程度の作業を「大変だ」と形容するくらいに私の能力は低いので、この先の人生をどうやって生き抜いていけば良いのか、たまに不安になります。ですが、このお先真っ暗な感じを、少しだけ気に入っているところもあります。安定とは全く無縁で、自分の将来のことが何も分からないのです。何が起こるか分からないのって、わくわくしませんか。しませんね。

現金書留を送ったあとのおつりはお小遣いにして良いとのことだったので、はがきを一枚購入し、男の人に手紙を書きました。私は消印が大好きなので、同じ家に住んでいる相手に宛てた手紙でも、切手を貼ってポストに投函します。この辺りで投函すると、最高にクールな「渋谷」の消印が押してもらえます。いつの間にかはがきが62円に値上がりしていて驚きました。全国の消印マニアの懐に大打撃です。

大好きなアイス「トルコ風アイス 粒入りラムネ」が、近所のファミリーマートから姿を消してしまいました。今夏いちばん悲しい出来事です。サンクスにならまだありましたが、そこからもじきに消えてしまうのでしょうか。うちの近所のサンクスの店員さんは怖いので、ファミリーマートにまた入荷して欲しいです。もしくはサンクスの店員さんに優しくなって欲しいです。パーマネントコレクションに入れても良いくらい美味しいアイスなのに、数量限定とは実にもったいないです。そういえば、ファミリマートの入り口付近でも、ツバメが巣を作っています。よく親鳥が、入り口に掲げてあるファミリーマートの旗にとまって寝ているので、かわいい小鳥さんを間近で見ることが出来ます。しかし、ファミリーマートからトルコ風アイスが消えてしまったので、今後は小鳥さんと顔を合わせることもなくなってしまいます。私はもう、雛鳥の成長を見守ることも出来ないんですね。

ルイ・ヴィトン「ロレッタ」

ロレッタ」なる新作バッグが出たとの情報を入手したので、ヴィトンのお店まで見に行って来ました。普段このような形のバッグを愛用しているのですが、とても使いやすいので、「ロレッタ」の画像を初めて見たとき、これこそがまさに私の求めていたバッグだ、と思いました。お店でバッグを掛けさせてもらったのですが、非常に軽く、ジッピーウォレットも収納できるサイズで、普段使いには良さそうでした。ストラップは思っていたよりも華奢でかわいらしかったのですが、残念ながら取り外しは出来ないとのことでした。価格は16万弱だそうで、それならば、もう少し安くてストラップの取り外しも出来る、アルマBBの方を買っちゃうなあ、というのが私の感想です。

ルイ・ヴィトンと同じフロアにシャネルのコスメカウンターがあったので、ヴェルニのネオンがないかしらと覗いてみました。しかし、このネオンなんとかというシリーズは表参道でしか扱っていないということで、見ることが出来ませんでした。この暑さですから、マニキュア1つのために表参道まで足を伸ばそうという気にはなれません。

最近はずっと引っ越し先を探しています。おかげで不動産屋さんの業界用語を1つ覚えました。もうすでに借り手が決まっている物件の情報を掲載して、内見希望のお客さんをお店に誘き出すことを「あるよび」と言うそうです。物件の内見を希望しているのに、現地集合ではなく、お店に来て下さいと言われたら、それは「あるよび」です。皆さんも無駄足を踏まされてしまわないよう気を付けて下さい。先週の日曜日に見に行った、「あるよび」ではなかった物件の台所が使いやすそうで、私はとても気に入りましたが、初期費用が高すぎるとのことで男の人が決定を渋っています。物件探しにも疲れてきたので、早く引っ越し先が決まることを願っています。

ファミリーマートで買える「トルコ風アイス 粒入りラムネ」が美味しいです。爽やかな水色のアイスに小さなラムネが混ざっているのですが、このラムネの酸味が良いです。これ単体で売って欲しいくらいです。この商品は期間限定かつ数量限定での販売らしいので、今のうちにたくさん食べておかないといけません。

先日、植田一三氏の「発信型英語 類語使い分けマップ」と「スーパーレベル パーフェクト英文法」買ってもらいました。今は「類語使い分けマップ」の方を読んでいるのですが、相変わらず例文がどれもこれも陰気臭く、使いやすい本にしようという工夫もあまり感じられず、植田氏らしい著作です。たまにかわいらしいイラストが挿入されていますが、これはない方が植田氏らしさが出て良かったのではないでしょうか。日常で良く見聞きするような易しい単語について書かれている本なので、気負わずに読めて良いです。