ルイ・ヴィトン「ロレッタ」

ロレッタ」なる新作バッグが出たとの情報を入手したので、ヴィトンのお店まで見に行って来ました。普段このような形のバッグを愛用しているのですが、とても使いやすいので、「ロレッタ」の画像を初めて見たとき、これこそがまさに私の求めていたバッグだ、と思いました。お店でバッグを掛けさせてもらったのですが、非常に軽く、ジッピーウォレットも収納できるサイズで、普段使いには良さそうでした。ストラップは思っていたよりも華奢でかわいらしかったのですが、残念ながら取り外しは出来ないとのことでした。価格は16万弱だそうで、それならば、もう少し安くてストラップの取り外しも出来る、アルマBBの方を買っちゃうなあ、というのが私の感想です。

ルイ・ヴィトンと同じフロアにシャネルのコスメカウンターがあったので、ヴェルニのネオンがないかしらと覗いてみました。しかし、このネオンなんとかというシリーズは表参道でしか扱っていないということで、見ることが出来ませんでした。この暑さですから、マニキュア1つのために表参道まで足を伸ばそうという気にはなれません。

最近はずっと引っ越し先を探しています。おかげで不動産屋さんの業界用語を1つ覚えました。もうすでに借り手が決まっている物件の情報を掲載して、内見希望のお客さんをお店に誘き出すことを「あるよび」と言うそうです。物件の内見を希望しているのに、現地集合ではなく、お店に来て下さいと言われたら、それは「あるよび」です。皆さんも無駄足を踏まされてしまわないよう気を付けて下さい。先週の日曜日に見に行った、「あるよび」ではなかった物件の台所が使いやすそうで、私はとても気に入りましたが、初期費用が高すぎるとのことで男の人が決定を渋っています。物件探しにも疲れてきたので、早く引っ越し先が決まることを願っています。

ファミリーマートで買える「トルコ風アイス 粒入りラムネ」が美味しいです。爽やかな水色のアイスに小さなラムネが混ざっているのですが、このラムネの酸味が良いです。これ単体で売って欲しいくらいです。この商品は期間限定かつ数量限定での販売らしいので、今のうちにたくさん食べておかないといけません。

先日、植田一三氏の「発信型英語 類語使い分けマップ」と「スーパーレベル パーフェクト英文法」買ってもらいました。今は「類語使い分けマップ」の方を読んでいるのですが、相変わらず例文がどれもこれも陰気臭く、使いやすい本にしようという工夫もあまり感じられず、植田氏らしい著作です。たまにかわいらしいイラストが挿入されていますが、これはない方が植田氏らしさが出て良かったのではないでしょうか。日常で良く見聞きするような易しい単語について書かれている本なので、気負わずに読めて良いです。

Advertisements